工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

ソシャゲじゃない家庭用ゲームにガチャ入れるなんて脳みそ沸いてる

f:id:shiranshi:20180816132623j:plain

ファイナルファンタジーが目指すべきと思われる世界観がゼノブレイド2には収まっている。

高低差フィールドもあり、VRでもないのに高いところから下を見ると怖くなるくらいである。

ストーリーも現在のところボーイミーツガールしてて、ボーイとガールが物語の主軸だし良い感じ。

 

ただし、ソシャゲじゃない家庭用ゲームにガチャ入れるなんて脳みそ沸いてる。

いま、5章/10章でちょうどど真ん中。

ジークっていう仲間が一緒になったところだけど、その仲間が使う武器となる相棒、いわゆるブレイドをガチャで決める。

通常クリスタルとレアクリスタルを使った150連ガチャで1回もレアキャラ来なかった。

もう、ジーク使うのやーめたってなった。

 

パチンコ、パチスロも出ないと1,000円分の時間も持たないくらい飽きっぽいから、ガチャってはまる人ははまるけど、自分は出ないと飽きちゃうタイプなんだよね。

最初にドバドバ出れば課金するけど、最初がシブかったらその時点で終了だからね。

テラバトルとかテラバトル2とかすぐに飽きたし。

某台湾産や韓国産のゲームは最初にドバドバ出たんでクレジットカードで課金してるからね。

日本のゲーム業界じゃなくて台湾や韓国のゲーム業界を潤わせてるっていう結果になってるね。

 

ガチャってこういう現実を呼び戻す側面と、みんな言ってると思うけど排出率がレアなもの以外ゴミっていう問題。

ブレイドって言うのは人間と一心同体というストーリーの主軸のくせしてそのブレイドの大半がゴミ性能だとユーザーに思わせるのがガチャ。

ストーリー自体が破綻に向かっていることにゲーム開発者たちは気が付いていない。

排出率レアなブレイドの性能が普通に出るブレイドの性能を下回っていればまた話は別だがそれもなく本当に強くてレア。

この世界で大量にいるブレイドははずれブレイドなんだろうね。

そう考えるとブレイドって言うのは人間と一心同体ってのが嘘くさくて。

こういうことしてストーリー主体の物語とかいうなら、ゼノブレイドクロスみたいなストーリーがてんでダメなシステムの方がよかった。

 

シーズンパス買ってるからDLCの黄金の国イーラはやるだろうけどガチャででるレアキャラとかは今後ひかないだろうね。

ガチャなんてシステムは基本無料ゲームでやるもんでしょ。

1万円ちかく出している家庭用ゲームでしかもRPGで簡単にキャラださせないってまさに、簡単にクリアされたら悔しいじゃないですか状態だからね。

 

金積んで札束で殴れば誰でも強くなれるんじゃなくて、ゲーム内で無駄に戦闘という時間をかけないとブレイドガチャができないのも悪だね。

ガチャにするんだったら札束で殴れるDLCくらい出せよって感じ。

トロフィーの実績すら金で解決できるNieR:Automataの方がそこらへんわきまえてるよね。

 

この経営者兼開発者は元スクウェアだし、スクウェアから移籍したスクエニの野村がスペシャルサンクスで絵描いてるのもあってこういう発想しかできない人たちが作ってるゲームではあるよね。

 

トップが人間的に残念な人たちのあつまりでもきちんとしたゲームが作れるんだからゼノブレイド2を作ったモノリスって会社は社員がきちんと考えて仕事してるんだろうね。

嫌なら見るなでテレビを見なくなった人も多いというのにゲーム業界ってただのサラリーマン管理職とか経営者がちやほやされる世界だし、人間的に勘違いした人たちが多そうだよね。

 

個人的には20歳の時に某大手ゲーム会社に内定もらったけど行かなくてよかったよ。

少なくともガチャを連発するゲーム業界は誇りに思える仕事場ではなさそうだ。

仕事の誇り

私は家電業界にいたりしたけど長くは続かなかった。

家電って生活必需品だけどなくてもいいんだよね。

例えば洗濯機や冷蔵庫がなくても社会生活を営めるんだよね。

 

学生時代にゲーム会社に内定もらったけどやっぱり同じ考えで行かなかった。

北京オリンピック前の中国という面白さにひかれて家電業界には行っちゃったけど。

 

で、今はインフラを作るものの一部を作っている。

ぼかすと本当に表現がわかりにくいね。

例えるなら電気を運ぶ鉄塔みたいなもの。

 

鉄塔がないと発電所からの送電ができなくなるんだよね。

インフラを直接作ってるわけじゃないけどそれがないとインフラが作れない。

インフラ自体は鉄塔がなくても作ろうと思えば作れるかもしれないけど、危険で近づけない何かになるか、ピラミッド作りのようにものすごい人がいる。

 

道路だってそうだよね。

道路がなくても車も人も移動できるけどそれに費やす労力はすごくかかる。

社会生活を営むためには、省力化が必要でそのためには道路は必要。

 

例えば携帯電話を持たない人がいる、LINEを使わない人がいる、洗濯機を持たない人がいる。

別にそれがなくても現代の社会生活は営めるしコインランドリーや公衆電話を使えばいいじゃないってなる。

でも、その上流のインフラがないと社会生活は厳しい。

ちょっと不便な昭和には戻れるかもしれないが、もう誰もが江戸時代の生活には戻れないのだ。

今からインターネットや電話のインフラなくしますはできるかもしれないが、石油や電気無しで生活しろってのはもう人類には不可能だろう。

 

そう考えると自分が自分に誇れる仕事って何だろうと思った。

家電とかってやっぱり絶対に必要というわけではないんだよね。

家電がなくても代わりのものはあるからね。

そう考えられるってことは自分の中で家電業界というものに誇りはうまれてないんだろうな。

 

個人的に今の仕事の誇りというか、長続きしている理由はインフラを生み出す一部を作っているからだと思う。

インフラって当たり前すぎて、自分で能動的に選択することがないから気が付かないんだよね。

でも、だからこそその気が付かない何かを生み出しているインフラ整備の人たちはもっとすごいのだと思うけど。

自家製弁当よりコンビニ弁当の方が安全じゃなくね

世の中の買ってはいけない派に見てもらいたい。

考えてみれば材料は別としてコンビニ弁当ほど地産地消なんだよなと改めて思った。

 

まあ、そりゃそうか。

東京では販売される弁当がコストが安いからって丸1日かけて九州から来たら消費期限1日短くなるか偽装するしかなくなるしね。

輸送費かかるから空輸するわけないだろうし。

そう考えるとコンビニ弁当が売れる=地元の雇用が創出されるという理論に行きつくんだよね。

コンビニは確かに負の面もあるかもしれないけど掘り出せば良い面も結構ありそう。