工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

KYBって移管とか工場変更時に監査してないのかね

工場リーマンあるあるだと移管とか工場変更なんて結構目にすると思う。

その時ってまずは社内の工程変更申請があってそのあとに品証あたりの工程監査があるのが普通なんだよね。

部品メーカーだと社内監査の後に納入先のお客様が監査して初めて出荷できるなんてこともあるし。

 

そう考えると、KYBの場合は子会社に押し付けた感はあるから仮に移管時に品証が気付いたとしても親会社に逆らえなかったんだろうね。

あとは納入先がエンドユーザーというのと、あっても建築会社レベルだろうから工場変更での監査もおざなりだろうしね。

 

工場リーマン界では4M変更っていって、マン(人)、マシン(機械、場所)、マテリアル(材料)、メソッド(製造方法)が変わると変更申請が必要ってのが原理原則。

あとは会社によってはマニュファクチャー(工業制手工業のことだがこれを工場単位とさす会社もある)、マニー、メジャメント(測定、検査)を追加する場合もある。

基本的には社内申請だったり、メジャメントで発見できるからマン、マシン、マニーは申請不要とか会社によってさまざま。

ただ、マテリアルとメソッドが大幅に変わるときは申請が必要だね。

お客様からの支給品とかのマテリアルが変わる場合もお客様によっては支給されてるほうも申請してって言われることもあるし。

 

あとマシンでも製造場所が変わる場合、たとえば工場移管だったり、鴻海のような外部委託だったりするばあいは顧客への連絡は通常おこなうのが原則。

自分も外部委託に携わったことあるけど、まず移管当初は品質監査が終わるまで製造できないからすることないんだよね。

自分はサポート部門だから自社の作業者と外部委託先の社員の両方のサポートをすることになるわけ。

たとえば、場所が変わると機械とかもエラーになったりするし、テスト加工もしなきゃいけないよね。

そんな時に現場の作業者だけだと解決できないこととかを一緒になって解決する役目なんだよね。

だから基本的に良品がきちんと出れば暇なんだけど、その良品が出た後に検査をして品証のGOがかかるまでが長いんだよ。

 

いわゆるCPKっていう工程能力があることが確認されないとただ良品を作ってもGOがかからないんですよ。

KYBのたとえば、良品でも上下限値に近いところだと真ん中に寄せるって不正をしていた、だけど、良品なんで問題ないってやつはこのCPKっていう工程能力がらみだろうね。

CPKがないと、お客様の監査の時に不良品が総定数以上出ることがあるわけ。

不良品が出ること自体に問題はあるんだけど、実はきちんとした対応方法が考えられてて監査でそれが実践できることを証明できればよくて。

不良品が想定より多いと仮に納期に間に合っても対策をしなければだめですってなるんですよ。

不良品が多くいわゆる歩留まりが悪いのは自社のコストを圧迫するだけの側面じゃなくて、ハインリッヒの法則からお客様は嫌う場合が多いんだよね。

 

で、良品率のCPKを見るためには製造が測定した検査データとは別に品証が測りなおすんですよ。

とくに移管時には必ずやります。

つまりKYB本社の人間も、子会社の人間も移管時に品証が仕事してなかった疑惑があるんですよね。

もしくは子会社の品証は仮に移管されたものが不良品をつくる工程になっていても親会社に意見できないんですよ。

それってかなり危なくて、国の基準が厳しすぎるからとか擁護する人はこの危なさに気が付いていない。

つまり、トヨタでいうとルーミーやタンク、86、サクシード、ハイエース、アクア、センチュリーは子会社が作ってるんで親会社のトヨタが不良を作る工程をもってきたら何もできませんって言ってるのと同じなんですよ。

だから、仮に不良品があっても親会社の品証がこれでいいって言っちゃうとそれでよくなっちゃう。

これってもし、国の基準が甘かったらどうなりますか。

そりゃあ、事故で死ぬ人も出てくるでしょうね。

でも、想定では事故は起きないはずなんで仮に死んだら自己責任ですってなっちゃうんでうよ。

 

同じようにKYBのダンパーも国の基準が厳しすぎるからとか擁護する人は仮に今後巨大な地震が来て最愛の人達がそれが原因でなくなっても許せるのでしょうか。

北海道の地震は起きないなんて最近まで有識者や大学教授すら言ってました。

地震が起きたらそんなこと言ってた人はなんていったと思います。

国や自治体は地震に対する想定が甘いですよ。

このまえまで国の基準は甘いって言ってた人たちがKYB問題では直ちに問題はないから国の基準が厳しすぎるですからね。

そりゃあ、民衆をだますのは簡単でしょうね。

 

いやあ、個人的には親会社がカラスは白いといえば白くなる、そんな品証だったら楽勝なんですけどね。

ちなみに私は0.2mmのRと0.4mmのRの接線が重なってRが重なった凸凹形状になったんですが、それを社内の品証から図面的にその部分の指示なき公差はR0.2だからRが重なってるのはダメだと食らって最終的に心が病みました。

その形状が工程上どうしてもついてしまうし、設計的に問題なくて設計課長も図面的にそこまで細かな数字をかくと図面として成り立たなくなるからねと言ってくれましたが品証からの回答は各マネージャーのハンコがある特採申請書持って来いでした。

 

いやあ、強い品証が社内にあると確実に生産技術の人間の心は病みます。

ちなみにそこの工程は0.4mmのRの工具を使わないで0.2mmのRの工具だけで仕上げるというトリッキーなことをしました。

Rが小さくなるとこんなに製造って難しいんだなって思いました(小並感)

風評被害ってこういう風に広がるんだろうね

KYB及びその子会社カヤバマシナリーの一連の事件、個人的にはこれ自体よりも、そのまわりで進んでいる情報の流れと風評被害に関心がいっている。

 

たとえばKYBのショックアブソーバが新型クラウンで使われていてしかもトヨタ自動車から表彰されていた件とか。

f:id:shiranshi:20181020070610p:plain

 

いや、今の事件の最中にクラウンはまずいでしょ。

あれって大企業でも本部長クラスから支給されるような部類だからね。

あとは中小の社長が乗ってたりするけど、風評被害も甚だしいよね。

マンションよりは軽微かもしれないけど自分が乗ってる車にケチがつくだろうし、とくにクラウンとかに乗ろうとしてる社長はそういうところに安いプライド注いでる人たちだしね。

同じく使われてるけど新型カローラとはわけ違うからね。

 

これって隠そう隠そうとすることで余計にブランドに傷がついちゃってるパターンだよね。

 

あと、中野区が、うちはKYBとカヤバマシナリー製使用してないんでって安全宣言しちゃったよね。

f:id:shiranshi:20181020071517j:plain

マンションとかは価値が下がるとかでだんまりだけど、逆を言うとだんまりしているマンションほど怪しいことになるよね。

タワマンとかに住んでる金持ち連中は大企業と同じ思考になるから隠せばいいと思うかもしれないけど、それが逆効果だってことに気が付いてないんだろうね。

 

大臣の安全宣言で自分が口にするとかさ、どんなにパフォーマンスと揶揄されても絶対にするでしょ。

あれを実施する行為自体が大切なんだよね。

どんなにたたかれても言い訳せずに、安全ですって宣言してそれをポジティブ情報にするんだよね。

ネガティブ情報に勝てるのはポジティブ情報でポジティブ情報がないものって真実がどうだとしてもネガティブ情報には勝てないんだよね。

 

いつまで見れるかわからんが、KYB80年史に主な納入先書いてるんだよね。

オイル、免震、制震ダンパの納入先として代々木オリンピック体育館、東京天王洲アイルJALビルディング、森ビル愛宕グリーンヒルズ、名古屋のミッドランドスクエア、モード学園コクーンタワー、博多駅ビル、シャープ亀山工場、シャープ堺工場、虎ノ門ヒルズ東京スカイツリー東京スカイツリータウンソラマチ、東京駅復原工事、東京都庁の耐震強化、台湾にも大量に輸出、森ビル六本木ヒルズ新宿センタービル損害保険ジャパン本社ビルってなってる。

制震装置の回転慣性ダンパーDYNAMIC SCREWは清水建設日本精工との共同開発品だそうです。

 

今まではこれがポジティブ情報だったんだけど、一気にネガティブ情報になっちゃったよね。

社史をインターネットに公開するってかなりの宣伝にはなるんだよ。

基本的に社史にはポジティブ情報しか載せないしね。

ただ、思ったことはここらへんの情報はすでにマスコミに出回っているからマスコミも企業の社史なんかを頼りに情報を拾ってそこから裏付けを進めようとしてるのかもね。

 

で、社史ってのも日本と海外では違うなって印象。

日本は創業者とあくまで今まで出た製品の歴史が中心、俺らの製品すごいでしょ、どやって感じが多いよね。

で、超硬工具業界の王者サンドビックの社史日本語版、自分たちの製品や創業者を中心に据えて、今の現状と未来を説いているんだよね。

世間に向けてインターネットで公開するならサンドビックのようななんだか社内報を見てしまったような感じのほうが印象はいいよね。

これってポジティブ情報をうまくコントロールしてると思うんだよね。

 

日本はネガティブ情報を出させないように最初から規制してしまうから、ポジティブ情報の出し方もわからないままなんだよね。

昔の2ちゃんねる、今の5ちゃんねるでも言論封鎖はあるよね。

たとえば、ゲームのバグに関してとかバグを取りきれって意見に対してそんなのは無茶だし価格なりだから、完璧を求めるな、そういう意見はブラックだみたいな。

客としてバグがないゲームを望むのは当たり前で、それを言論封鎖するのは間違ってると思ってる。

どっちも認めてはじめて次に進めるんだけどね。

 

サンドビックの社史を見て、日本人が忘れてしまった謙虚とかワビサビとかサムライ魂を感じてしまって日本人としては残念に思う。

無制限SIMの罪

f:id:shiranshi:20180908042057p:plain

某、月額税込み4,730円、無制限SIM。

まあ、スマホドックモバイルなんだけどね。

これって7月31日の状況でずいぶんと実は古いんだけど。

 

下り回線のRTTが測定不可と絶望的なんだよね。

無制限をうたってる割にこの当時はgoogle playだと500Kbpsくらい、ブラウザのSSL通信やグラブルで1.5Mbpsくらいしか出なかった。

だから嫌になって解約した。

契約した3月ごろはRTT絶望だったけど測定不可じゃなかったんだよね。

 

最近は旺盛につぶやいてた人も減ってネガティブ情報も減ったんだけど、逆にポジティブ情報も減っちゃってるんだよね。

BtoBとして安価に進めたい人はいいけど、個人で選ぶのはお勧めってところではないよね。

ただ、BtoBって1000回線超えると破格的な安さになるんで中堅規模や大企業が3大キャリアから乗り換えるにはうまみはなさそう。

数百人レベルのうちの会社じゃ絶対にしてくれない、普通に構内アンテナ工事とか対応してたりしたんで、グループ一斉購買の魔力を垣間見た感じ。

 

あと、通信業界はベストエフォートという罪がここに出ているよね。

この言葉のおかげでやりたい放題になってる。

MVNOを使う以上はDSDS機種にするしかないだろうね。

MVNOMNPするなんて今のところ考えられない。

MVNOはあくまで通信だけの用途にして嫌になったら解約しかないかもね。

 

某社を擁護する気は一切ないけど、工業製品とか家庭用製品もベストエフォートにして性能は確約できませんとかの世界もありなのでは。

通信業界の通信速度にもPL法を範囲内に入れるべきなのでは。

通信が遅いことによって生死にかかわることもあるんだし。

好きな雲、嫌いな雲

f:id:shiranshi:20180908041354j:plain

こういいう、いわゆる、入道雲的な龍の巣は嫌いじゃない。

なんか、ラピュタの影響なんだろうけど、この雲の中に何かがありそうで。

 

何もないんだろうけど、こういう雲の中に入ってみたい衝動に駆られるよね。

宇宙旅行とかもいいけど、こういう、雲とか台風の雲の中を突っ切るとかそういうツアーが未来にできたらいいよね。

太田の焼きそば

f:id:shiranshi:20180908040708j:plain

太田市に行くとイオンでこれ系の焼きそばを買ってしまう。

 

めちゃくちゃおいしいってわけではないんだけどなんだなんだろうね。

普段半額にならないとこういう総菜とか弁当系は買わないくらいケチぃのにこれだけは散在してしまう。

 

B級グルメにはそういう魔力があるのだろうか。