工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

地方創生で老人が元気になってその先の未来は?

地方創生で老人が元気になってっていう美談が結構ある。

ただ、10年してその先の未来はという問題はだれも触れない。

 

民間企業ならいなくなったらアルバイトや派遣でまかなうか、海外に工場作って国内で作らない選択をするか、そもそもやめてしまうかという風になるだろう。

 

でも、地方創生の目的は人口減に対応するためじゃないの。

そう考えるとやめてしまうという選択肢と国内で作らないはなくなる。

アルバイトや派遣で賄うというのも厳しいだろう。

アルバイトや派遣だったらもっと割のいい仕事に就くだろうし、今の外国人研修生のような搾取的なことをするくらいなら難民や移民を入れてしまうのも手だろう。

まあ、難民や移民を入れれば外国人参政権運動が過熱するだろうが、世界中のどの国や地域もやっていない国政選挙に外国人参政権を取り込むのもありかもしれない。

個人的には地方創生とかやりたいなら、悪手になる可能性は否めないがこの地方は外国籍しか住めないなどの一番ぶっ飛んだ方法をとるべきだと考えているから。

そうなればもしかすると日本という国家が8割方、外国人という国家になってしまうかもしれないがそれはそれで世界中のどの国もやったことのない新しいステップだから個人的にはどうせ人生一回きりだし、日本という国が無茶苦茶になって将来的になくなってしまうかもしれないが体験してみたい衝動には駆られる。

 

で話を戻すと今の地方創生の老人が元気になってって言うのは、企業の定年後の再雇用とインパクトはあまり変わりないんだよね。

営利企業だったら今後のことはいくらでもやりようはあるけど、自治体はそうじゃないからね。

捨てるという選択肢を選べない以上、老人が元気になっても、それ以上に若い力を増やすことは難しいんだから結局最後は限界集落になっておしまいじゃないかな。

 

今、田舎にいる若い人がどれだけメリットを享受できるかそれにかかっていると思うけどね。

ただ、この問題を言うと若者よ選挙に行けというあほが出てくるけど、現状で若者が選挙に行っても結局変わらないんだよね。

 

以前の記事で書いたけど結局、老人人口が多ければ選挙に行っても行かなくても同じなんだよね。

だったら、難民や移民が増えてカオスになってのほうが若者にとってはワンチャンあるわけなんだよね。

だから地方創生で老人が元気になってっていうのが美談で語られている間は老人の天下で若者は割を食うだけの世界となっているんだよね。

そして一番悲しいことにこの日本では若者が元気になってって言うのは美談として語られないからね。

だからこの話はここでおしまいなんだよね。

地方創生に普通の人がいない

地方創生とかまちづくりとか田舎に移住とかいろいろな言葉があるがそこに普通の人がいない。

 

話題になるのは商店街とか老人とか経営者とかそんな感じ。

例えば昼間スーパーでパートしてる主婦、工場で働いてる従業員、地方創生でそういう人たちが恩恵をあずかれるものがない。

 

古民家をリフォームして人が数十人増えてどうなるのか。

商店街がにぎわってどうなるのか。

老人が働きだして何が変わるのか。

特産品が増えて何が特になるのか。

 

普通の人が普通に暮らしていた場合どういうメリットがあるのか。

そこのところが全く議論に上がらない。

まさに、まだ田舎で消耗してるのだ。

 

まるで東京はサラリーマンだらけで田舎にはサラリーマンがいないような感覚に陥る。

普通の人が普通に暮らしてメリットが得られないなら外部から人を呼んでも地元の人は出ていくよね。

 

一部の暇な人たちがごっこ遊びをしている現状では数十年後の未来は見えている。

三ツ星カラーズのリアル感

今期のアニメだったらロリ系少ないし覇権取れてたといわれてる三ツ星カラーズ

 

街並みが妙にリアルなんだよね。

ロケハンで撮った写真トレースしてる感じ。

でも、ただそれを絵にすると京アニとか新海誠みたいなただきれいなだけの不気味な街並みになってしまう。

 

三ツ星カラーズでの面白いなと思ったのは道路や壁の傷、交番の後ろにあるボックスの配線だとか家屋にある配線。

ここら辺がリアルなんだよね。

電柱を地中化しようとも、いまだに電線だけはなくせないんだよね。

電気配線とかってとくに屋内への引き込み線やコンクリにボックスつける配線なんて苦肉の策多いからね。

美観とか関係なく自分たちがしやすい仕事しかしてないからね。

美術スタッフはやっぱりそういう経験ないから、そこらへんが描かれている作品はほぼないからね。

逆にそれが描かれていることでアニメなんだけど現実にありそうな上野を連想させる。

上野を知らない人も普段目にするものと同じ現象があるだけでリアルだと錯覚できる。

これって絶対に写真画像変換かましてるよなと思える絵もあるけど逆にそれがリアルを演出している。