工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

Xenoblade Xが見直されてるけど、仮に2がでても失敗するだろうね

WiiUXenoblade Xのセットを買って、そしてクリアして売った。

 

Xenoblade2がすごくいい出来だったから、Xenoblade Xの評価も上がっている。

でも、仮に、XenobladeX2が出ても失敗するだろうな。

開発会社のモノリスゼルダなんかも手伝ってる割にはゼルダはなぜずっと売れ続けれいるのかってのをわかってないと思う。

それがわかれば化けると思うけど。

 

Xenoblade Xはアバターシステムだったからシナリオが本当に雑。

今まではロボットに乗ってたのに敵とあったときのストーリー展開はロボットから降りているという。

そこら編は複数パターン作ればいいのに、それすらしない。

 

開発会社のレベル5と同じで経営者がしゃしゃり出れる環境だとゲームが破綻するんだよね。

ゲーム自体は進化してるけど、世に出すための承認は古い考え方のトップがやるっていう。

コナミくらいゲーム事業に無関心なのもダメだろうけど、経営側がゲーム自体にアーティストとして干渉できるのはダメだろうね。

未来のミライに感動できるのは子供と向き合ってない人だろうね

未来のミライをみたけど、なんじゃこりゃってやつだった。

くんちゃんの声優の声が子供に聞こえないとか、みんな某演技で帰宅部活動記録かよって思ったのもあるけど。

 

まず、くんちゃんの動きが完全にステレオタイプの子供の動きなんだよね。

自分みたいな独身者が考える子供の動きそのまま。

普通に子育てしてて子供と向き合ってる人はこの動きが記号に見えると思うよ。

 

子供も動きが記号に見えるってことは、人はこれをエンタメ作品だと思って見るんだよ。

そしたらエヴァよろしくみたいな、ただの監督が気持ちいだけの作品。

そりゃあ、賛否両論だよって感じ。

 

まあ、この監督が子育てと向き合ってないってことはわかったね。

あと、ナンチャラ賞も金だせば買えるんだなってことも。

野村哲也の評価ってキッズほど甘々になるよね

シークレットムービーはyoutubeに上がりまくってるんで見てみたら、なんじゃこりゃって感じ。

これはヴェルサス13とかすばらしきこのせかいを引きずり過ぎなんだよね。

 

で、10代のキッズや20代の新卒社員ほど野村哲也すげーになって、20代後半からの社会人だとクソ上司のテンプレだなってなるんだよね。

たま~に議事録にメモをきちんと取りましょうとか、電話約束でなくメールや議事録で取引先とのやり取りをしましょうって書かれてしまう課長とか部長とか大企業には1人はいるもんですが、まさにそれ。

 

普通はリスク管理で周りがどんなに言ってもヴェルサス13すばらしきこのせかいの匂いを感じるものは排除するんだよ。

とくにシークレットムービーみたいなものは。

 

本当に野村哲也みたいなのが自分の上司じゃなくてよかったよ。

そんなにヴェルサス13とかすばらしきこのせかいに未練があるならとっとと作ってしまえばよかったんだよ。

できない理由を並べていいのはなんの肩書も権力も持たずにロボットみたいに言われたことだけやるやつだけなの。

自分で意見が言いたかったらできない理由を並べて悲観してるんじゃなくて動けよって感じ。

野村哲也が天の声ででるといっつも言い訳ばっかでイライラするんだよね。

天の声をやってるゲームはその時点で買う気が失せるほど。

手形って最近少なくなったよね

振り出し量、最盛期の1/10だそうで。

割引とか裏書きとか回収とかも死語になるんでしょうか。

 

まあ、ここ十年くらいで五十日回収なんてのも死語になってますしね。

この前乗ったバスがたまたま

東京に行ってバスに乗ったらたまたまフルフラットバスだった。

後方の座席でも段差が座るときだけってのはいいね。

 

スカニアってトラックで結構いい感じの出してるけどバスもいいね。

UDトラックとか三菱ふそう外資入ってる割にこういうバスなんかは出てこないよね。

オリジナル図面が日本で日本のおっさんが承認のはんこ押してる環境だとこういうふうな発想は採用されないんだろうね。

自分の会社の製品でもそうだけど、オリジナル図面ドイツとオリジナル図面日本だと垢抜けさが違うんだよね。

いや、どうせ隠れて見えない部品なんだけどさ、なんか、スタイリッシュにしてくるのよね。