知らんし!!

工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

さぁ、日本へ帰ろう

香港国際空港から、台北を経由して福岡空港に帰る。

 

台北での乗り継ぎで2時間。

ふと感傷に浸った。

 

 

時はさかのぼること2003年

 

私は短大2年生。

 

ギリギリで国公立の大学への編入もありえたが、あと2年の学費と生活費の現実を見て就職を決意。

 

 

 

そしてここは、熊本のホテルにある喫茶店

 

ここで、今面接が行われようとしていた。

 

 

 

まあ、そんな重苦しい雰囲気じゃなくて、

 

いやぁ。俺おなか空いちゃって、君らもどれでも好きなの食べていいよ程度の軽い面接。

 

” いや。罠かこれっ ? “っていうくらいの軽い面接

 

ブラック企業にありがちな面接とは言えない面接

 

 

 

世間話して喫茶店でお昼御飯ごちそうになって、次の週には内定もらった。

 

面接1回だけ、適性試験など無し。

 

今から考えると、いろんなところで罠が待っていたが当時は知る由もなく

ただただ、就活終わり、ラッキー程度にしか思っていなかった。

 

そして、今後行く会社も面接後すぐに内定をもらった。

うーん、今度もブラック企業なのかなぁ。

広告を非表示にする