工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

スイフトスポーツの功罪

シビックタイプRが日本デビューしてしばらくしてスイフトスポーツがデビューした。

 

正直、200万円の車の方が450万円の車より内装がいいってどういうこと...。

シビックタイプRはスポーツカーじゃなくレーシングカーだという意見もあるけど、だったら、もっとカネ出してBMWアルピナやMBのAMG買うわって感じ。

 

シビックタイプRはたしかに商談まではしました。

でも、全部が中途半端なんですよ。

ターゲットは明らかに日本じゃない、なのに開発陣は日本人がでしゃばってるっていう。

外人が作った日本風なものが日本人に受けないように、いくらホンダであっても日本で製造しないなら、開発者も経営陣も日本人じゃないほうがいいでしょ。

 

BMWとかMBとかVWはドイツ人がドイツ人のために開発してる車であって、だからそこにドイツアイデンティティがある。

ドイツに向けて売るようなさまざまな秘策が車に含まれている。

だから、ドイツ車って価値があるんですよね。

 

そういう価値をスズキは体現できて、ホンダは体現できない。

スイフトスポーツの功罪というよりも、これは本田宗一郎の功罪かもしれない。