工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

フレックスタイムをここまで自由気ままに使える会社も珍しい

転職活動はとりあえずやめた。

この会社がつぶれるか50歳くらいでアーリーリタイアして年収220万円せいかつにもどるかどっちが早いかはわからないがとりあえず現状維持にした。

 

その理由の一つがフレックスタイムをここまで自由気ままに使える会社も珍しいからだ。

みんなが知ってる大手企業というものに面接に行ってフックスタイムの実態を知ったが、大手企業はその給料や福利厚生と引き換えに自分の自由を捨てなければいけないらしい。

 

今の会社だと今日は朝7時、明日は朝10時、その次の日は朝8時なんて毎日コロコロ変えても誰にも文句は言われない。

また、帰る時間も今日は3時、明日は6時、その次の日は5時なんてやっても問題ない。

残業も仕事が終わればしなくていいし、有給休暇は自由すぎるくらい自由にとれる。

 

そう考えると外資系企業も悪くないし、下手に給料高いところに行ってこの自由がなくなるのもちょっとおしい感じ。

今の会社も上場してないが大企業ではある。

しかし、ここまで平社員が自由に勤務時間を決められる大企業はそうそうない。

 

管理職以外は5時以降に会議が入いることはほぼないし、仮にあっても定時外ですみませんなんて文面が入るくらい。

会議が休憩時間にかかるときは管理職がインビを回した人に休憩時間にかかってるけど大丈夫とそっと注意するくらいである。

そう考えると会社の方針としてはホワイトだ