工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

大手企業の営業はなぜ朝早くや夜遅くにメールの返信をするのか

今の会社は大手企業との直接取引が多い。

ものを作るためには部品以外に様々なものが必要となる。

 

金属加工だったらドリルだし、組み立てだったらドライバーみたいな感じ。

大手企業の営業から見積もりなんかが入ってくるけど、朝早くとか夜遅くとか結構多い。

営業アシスタントからも夜中近くにメールが来ることもあり、大手企業のOLって社畜なのかと思ってしまうこともしばしばである。

 

逆に中小企業だとあまりそういう傾向はみられない。

今日事務が休みなんで伝票の印刷ができなかったんで仮伝で納品させてくださいなんてことも普通にある。

自分も零細企業に勤めていたから中小企業のヒエラルキーは理解している。

社長>経理=事務員のお姉ちゃん>その他

事務員最強伝説である。

 

ただ、うち以上の規模のいわゆる上場企業と中小企業の取引は大変そうである。

自分が電話をしているときに相手先のその後ろで鬼電がなっている。

私の電話中に3回もかかってきては切れているそれくらいの鬼電。

多分あれは誰もが知ってる超大手一部上場企業様からだろう。

見かねて苦笑いしながらその鬼電に出ていいよ、こっちは後からかけなおしてもいいよと言ってあげたくらいである。

 

うちは外資系というのもあって中小企業には下請けいじめととられない程度の対応にとどめるが日系大手企業は下請けなんて奴隷当然のように追い込むからね。

電通事件があった後でも何人かノイローゼと死ぬまで追い込まれた人もいるし...。

そういう点では日系大手企業は社員には優しくなったかもしれないが、下請けは奴隷のように扱う風潮があり、仮に受かったとしても行くのは躊躇する。