工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

大手企業に就職し始業時間前に車の中で眠る従業員

始業時間前にタイムカードを切れば何の文句も言われない今の会社。

タイムカードさえ切っていれば職場につくのは別に遅くても問題ない。

最初に入った会社は管理職は大手日系企業の管理職だった人たち。

出世争いに負けて中小企業に転職したともいえるが、それでも元大企業の管理職。

5分前に着席しても、30分前に着席しても遅いといわれてその会社を結局やめた。

 

話はそれたけど大手企業に就職し始業時間前に車の中で眠る従業員。

私たちは地域や国と協力し交通渋滞を減らし地域や従業員に貢献しましたとでかでかと宣伝している大手企業で見てしまった。

栃木県ではホンダ渋滞も目の当たりにした。

 

ホンダではないが某完成車メーカーで早朝や定時後の駐車場を見ると寝てる人やスマホをいじっている人がたくさんいる。

みんな渋滞するからあきらめてるんだなと感じる。

私は今回の1回だけだし渋滞も2kmで40分くらいだったからあきらめはついた。

(ただ、2kmで40分だと歩いた方が早い)

確かに数千人が一つの会社にいるとそれだけで大渋滞だ。

車であれば渋滞しても個人の空間だから我慢できるし、アイドリングしてれば電気機器を使って暇つぶししてもいい。

 

東京とかで電車通勤の人はどうしてるんだろうか。

大企業に入り、そこでも人の渋滞に巻き込まれて疲弊する。

それで社会は幸せになるのだろうか。

 

決してマスコミに報道されない日本の闇である。