工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

MTが作れない理由は会社方針だからでしょ

スープラみたいな大パワーのクルマだと正直あまり楽しくない。

86くらいのトルク容量が、シフトフィールの気持ち良さを求めるには限界で、それ以上容量をあげていくとフィールが悪くなる。

だからMTを操作する楽しみを否定するわけではなくて、そういうクルマはすでに我々は86を用意していますよと。

営業やお客さんの要望もあるし、もちろん準備は進めているんですけど、本当に必要なのかなというのは、正直な思いとしてはありますね。

 という発言の後に

マニュアルをつくるんだったら、レーシングカーのような(前後方向のシフトで変速する)シーケンシャルミッションみたいなものをやってみたいですね。

これって矛盾してない?って話。

シフトフィールの気持ち良さはMTだろうがシーケンシャルだろうが自分で意図的に操作するなら変わらないわけで、シフトを物理的に固定できるか否かの問題だと思うのですが。

オートマだと壊れるのを恐れて特定の領域に行くと自動でシフトアップやダウンするよね。

MTだとだめ、シーケンシャルだといけるってシフト作れたら、それってCVTみたいな機構なしでインバーター並みの変換が燃料車でできるわけで大発明でしょ。

トラック並みの12速オートマ搭載とかならわかるけどさ。

まあ、スープラ以上のトルクと馬力がある大型トラックでも6速、7速MTあるわけで、BMWはMTの存在をまだ否定してないしで。

 

多分、普通のBtoBのサラリーマンの管理職であれば会社の方針ですとしか答えないと思う。

完成車メーカーはBtoBだけどその観点は抜けている。

サラリーマンに必要なことは会社があって自分があるということ。

経営者だろうが管理職だろうが一般職だろうが会社に帰属して縛られている。

それが数の論理かトップダウンかはわからないけどMTが搭載されないのは会社の方針でしかない。