工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

ホンダの機能買いはたたかれることではないと思う

機能買いで検索すると一番にホンダが出てくる。

これは、フィットの度重なるリコールでたたきやすい風潮ができてしまったからだとおもう。

N-BOXも機能買いと叩かれているが、軽自動車であそこまでの自動ブレーキの点数をたたき出したのは素直にすごいと思う。

他社が軽自動車だから、コンパクトカーだからこの程度でいいと言っていたのを覆しに来たんだから。

よくスズキの車で安っぽいんじゃないんです安いんですって言葉があるけどスズキは実は安くない。

安い車だから機能を省いてもいいと各自動車会社は考えているが安い車でもしっかりとぼろもうけできるような構成にしている。

軽自動車に安全という付加価値を付けた。

軽自動車にこの値段を出してもいいと思える付加価値を付けた。

ホンダはどの自動車会社もできなかった付加価値を作り出したことがすごいと思う。

 

機能買いは消費者にとってはありだと思える点が何点かある。

完成車メーカーは間に販売店を介しているが最終顧客はユーザーであるが故、マルチに展開できるものを開発できない。

例えば、エンジンでも規格を統一して基本設計は高級車の4気筒、コンパクトカーは1気筒減らしただけのようなことができない。

ブランドというものがあるから、レクサスとクラウンとアクアが同じ構成展開部品をつかっているとそれが崩壊する。

BtoBだと最高品機種と最低機種の心臓部は設計が同じで、安いものは高いものよりも物理的に部品がないとかになってたりする。

 

あのマツダですらCX-5アテンザのエンジンをデミオに乗せるなんてしていない。

そのヒエラルキーという概念を突破できればデミオはベンツのAMGのようになれるだろう。

 

BtoBのものだと規格が統一されていることが多々ある。

元受けからの図面があってとかなら話は別だが、自社製品を売りに出すときにA社はA規格、B社はB規格とかやってると取引先数が自社の製品プロダクト数になるからだ。

だから根幹を決めて構成部品の違いで客先別にするといった具合になる。

規格商品だとマルチに展開できるためA社で発見された自社製品の不具合はB社にも当てはまる可能性はあるが逆に言えばB社に展開する前にA社の時点で潰せればB社は不具合のない製品を搭載できる。

手抜きして利益を得ているといわれれば身も蓋もないけど。

 

最終製品の使用が一般ユーザーの場合は企業はすぐに一般ユーザーの使い方を問題にして自社の製品の問題だと認識するまでに時間がかかる。

それはいわゆる機能買いによって自社ではブラックボックス化しているのと、口ではお客様第一主義を掲げていても基本的に顧客は馬鹿だという考えがあるからだ。

自動車業界は結構これが顕著で、ディーラーが間に挟まれてかなりつらい思いをしている場合がある。

近年、自動車会社の出資で建てられたディーラーだと、子会社化されており、親会社に歯向かうことが悪という風潮があり声があげられないこともある。

 

ほかの業界のように販売店の権力が強いという風潮にならなければ自社製作だろうが機能買いだろうが変わらない。

そしてこの状況、機能買い、すべての自動車業界に言えることだがなぜか本田だけがたたかれる。

この状況は建設的とは言えない。