工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

ホンダの機能買いはたたかれることではないと思う 2

工場リーマン視点から行くと機能買いができるってことは技術的にはホンダはすごいと思う。

他社から買ったものって物理的にはつけることできるけどそれを運用するのは結構大変なんですよ。

例えばエンジンとミッションがあったとしてミッションが社外製の場合、運用での不具合とかでるとミッションはいじれないからエンジンをいじるしかないみたいな。

自社で全部やってりゃどこをいじるかは自分たちで決められるんで楽なんです。

 

車に限らずものづくりの世界では部品全部サプライヤーに作らせて自分たちは組み立てして付加価値つけるっていう会社もありますが部品の品質がサプライヤー任せなんでくみ上げる時が大変なんです。

例えばAという部品が少し大きくて、Bという部品が少し小さいと組み上げた時にどうしても隙間が大きくなります。

どっちも自分でやってりゃあどっちかの簡単な方の問題をつぶせばいいだけなんで解決策は出てきますよね。

Aが社外、Bが社内だったらBしかいじれないんで難易度が高くなります。

 

そう考えると機能買いでそこそこの成績を収めてかつ、巨大企業として存続できるホンダの技術力はすごいのではないでしょうか。

また、ホンダはフィットでリコール問題が表面化してたかれたりしましたが、機能買いでなくて自社で作っていたらぎりぎりまではリコールにしなかった可能性があります。

どこの会社もサプライヤーの製品と比較して自社の製品や自社の子会社の製品は優位に見ることがあり、トップが不具合として認めない風潮はあります。

 

 

機能買いのメリットとしては自社で解析する部分、サプライヤーが解析する部分と別れているので突合せが楽です。

 

また、最終的な判断は別として、不具合解析の場は社内政治とは無関係なので本当の原因を探ることができます。

 

機能買いをただ、たたくのではなく、少し視点をずらしてみることが大切だと思います。

私が以前いた業界では全部下請けに任せてたくせに自社での開発は難航しましただとか、すべてを熟知したエンジニア集団が作ったので自信がありますだとか広告として利用しておりました。

それからすると、どのメーカーがつくりました。

リコールの不具合は解析中ですって素直に言っているホンダは個人的には好感が持てます。