工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

工作機械は好調と言いつつも

ホンママシナリー。

新幹線問題で結構話題になったよね。

 

直近の売上15億に対し負債37億。

売上15億って工作機械メーカーの売上高じゃないよね。

でも、実は工作機械メーカー、下位からトップ30くらいまでは売上200憶円くらいなんだよ。

この会社はそこからさらに下位だからこれくらいの売上げもあり得る。

ただ、大企業でも工作機械は1台2~3億円だから売価はあまり変わらないと思うけど、単純に売れてないのかな。

でも、それって考えてみると工作機械ってものは資本金が数千万円の中小企業でも製造可能ってことになるよね。

記事によると新幹線の車輪が100%ここの機械なんだよね。

 

ファナックマザック、森DMGみたいな超大手は別にすると工作機械作ってる中小企業が1社倒産するだけで計り知れない事態が起こるわけ。

今回は日精樹脂工業が買ったからいいけど、タカタみたいに見捨てられる可能性あるしね。

もし、倒産しそうな工作機械メーカをだれも買わないと、修理ができなくてその工作機械で作ってるものが日本から海外に移管されるだろうね。

結局新しい機械買うなら、経営判断として広大な土地と安い賃金がある場所も候補に挙がるからね。

じつは事件は大企業で起きてないのかも。