工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

地方創生に普通の人がいない

地方創生とかまちづくりとか田舎に移住とかいろいろな言葉があるがそこに普通の人がいない。

 

話題になるのは商店街とか老人とか経営者とかそんな感じ。

例えば昼間スーパーでパートしてる主婦、工場で働いてる従業員、地方創生でそういう人たちが恩恵をあずかれるものがない。

 

古民家をリフォームして人が数十人増えてどうなるのか。

商店街がにぎわってどうなるのか。

老人が働きだして何が変わるのか。

特産品が増えて何が特になるのか。

 

普通の人が普通に暮らしていた場合どういうメリットがあるのか。

そこのところが全く議論に上がらない。

まさに、まだ田舎で消耗してるのだ。

 

まるで東京はサラリーマンだらけで田舎にはサラリーマンがいないような感覚に陥る。

普通の人が普通に暮らしてメリットが得られないなら外部から人を呼んでも地元の人は出ていくよね。

 

一部の暇な人たちがごっこ遊びをしている現状では数十年後の未来は見えている。