工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

どのメディアもトヨタのコネクティッドを批判できない

今回のトヨタのコネクティッドは何がしたいのか一体全体わからない。

どのメディアも絶賛するか提灯記事ばかり。

検索エンジンで [コネクティッド] [トヨタ]と入れても絶賛記事しか上位にこない。

googleに至っては、ネガティブ情報を入れても勝手に検閲してポジティブ情報の検索結果しか返さない。

いわゆるトヨタがつながるといっていたSNSで、同じワードで検索するとユーザーの本音がちらほらうかがえる。

 

トヨタがしたいことはビックデータを集めたいことでそのいやらしい考え方が前面に出ている。

大体、ディーラーオプションのT-connectで同じことやってるし、プリウスPHVに至ってはテスラよろしくな大画面ナビあるしで、今回の2DINもどきではLINEと話せる以外にユーザーにメリットがないよね。

で、コネクティッドって言ってる割にはあの起爆スイッチで有名なオペレーターとの通話入れるんだって感じ。

レクサスオーナーからすればなんだ今更感はあるだろうし、クラウンオーナーからすれば新しく出たのにレクサスオーナーの下位互換的な感じだしでね。

ハード的な差異は多少あるけど、ヒエラルキーのトップからボトムまで同じ機能のダメコネクティッド載せてるマツダもあるんですけどね。

 

あと、個人的にはトヨタのコネクティッドホンダのインターナビに惨敗している。

あっち、ディーラーで車検通せば3年後以降も通信費無料になるんですが。

あと、ディーラーオプションのナビならバックカメラと連動した安全サポートシステムとかあって古いホンダ車でもそこそこの安全性を追加できたりするしね。

中古車で買ってナビかってオプション機能買ってディーラーで付けるだけで実現できるんだよね。

これが本当に古くならないだと思うんだけど。

 

コネクティッドってある程度その企業の思惑はあるけど、インフラを整備してそれに沿った場を提供するのが普通なんだよね。

たとえば、OSレベルで世界中の相手を対象にコネクティッドを提供してるのがマイクロソフトであり、アップルであり、グーグルなんだよね。

個人のつながりを重視してコネクティッドを提供しているのがフェイスブックだったりLINEなんだよね。

その中間、個人的なつながりも世界中でのつながりもできるのがTwitterだったり、Instagramだったりするんだよね。

 

トヨタはどんな場を提供してるって言われると何もないんだよね。

一方的にトヨタがデータを収集して終わり。

トヨタの機能とつながるだけって、あのクラウンとかに今までついてた起爆スイッチと同じでしょ。

あれでオペレーターと話したり救急車やドクターヘリ読んでもらって何になるの?

今までと同じことをコネクティッドっていいかえてるだけでしょ。

 

これがIT業界と自動車業界の考えるコネクティッドの違い。

たぶん協業してるNVIDIAとかは実は失笑してるかもしれないよね。

 

王者トヨタが見せかけのコネクティッドをやっているさなかメルセデスベンツはAクラスという一番小さな車種でスマホで開錠とかスマホで車をシェアとかできるんだよね。

日本の周回遅れはやっぱり感じるよね。

メルセデスベンツの役員も博士号持ってないとなれないみたいな縛りがあるのかな。

日本企業だととりあえずMBAとってりゃいいみたいな風潮あるけど、結構ドイツ企業だとドクター持ってないと役員クラスにはなれないって企業あるからね。

外資料には載せないけど、役員の名前がMrやMsではなく普通にDrだからね。

Drってついててもマネージャクラスどまりはあるけど、Drがついてない人は大した権限ないみたいな。

ある意味格差社会だけど、だからこそ一歩先へ行けるんだろうけど。

 

日本の大企業もそれくらいにしてもいいと思うんだけどね。

博士号持ってない人は役員になれませんってやつ。

個人的にはそういう会社ありだと思うけど。