工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

あぁ、こういうことが中流というものかと感じた

かつては東証二部上場、今は外資系企業になった今の会社に入ってもう9年。

零細企業にいたころとはずいぶん変わった。

まぁ、自分の生活レベル的には変えてないんだけどね。

 

ただ、周りの人たちの特に子供の環境を見るとあぁ、こういうことが中流というものかと感じた。

中流は高卒、大卒ってあまり関係なくて親の年収とか住んでる場所とかでずいぶん変わるんだなということ。

北関東とか3大都市圏の周辺とかって馬鹿にされるけどチャンスとしては山口県とはずいぶん違うよね。

そりゃあ、総理大臣もモリカケするよなって感じ。

まあ、総理大臣は本籍が山口県ってだけで実は山口県と全然関係ないけどね。

 

それで思ったことは、よくチャンスの差っていうけど、山口県茨城県を比べると本当に違うよね。

茨城県は北関東だとか田舎だとかチバラギだとかいわれるけど、山口県に比べりゃチャンスの差が大きい

f:id:shiranshi:20180603070444j:plain

この100km圏内がほぼ平野という現実からしても都市機能として分断されていないからね。

距離があっても物理的に分断されていないってのは大きいよね。

地理的要因は情報格差にもつながる。

関東では今まで北関東にしか住んだことないが、ここにきて思ったことは3大都市圏周辺の田舎に比べるとそれ以外の田舎は情報格差が大きい。

とくに北関東だと情報を得るためのコストは限りなく低い。

 

あと、やっぱり親の年収かなとはちょっと感じた。

零細企業時代と比べるとかなりの余裕がある。

とはいっても800万円とか1,000万円とかもらっているわけではないけど。

それでも、手が届く範囲が300万円程度の給料とでは心の持ちようが違う。