工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず毎日つぶやいてるん

なぜ日本は有害物質野放し大国なのか 

この事件で明るみになったのは、いまだに J-mossRoHs以下だったということ。

なんかという悲しさがあるよね。

つまり日本は有害物質野放し大国のまま。

 

報道記事で日本ではRoHsの対象外で規制する法律がないと書かれたしね。

私も2006年のRoHs施行時に家電業界にいてかなり勉強したけど、あの時代はRoHsに対応する日本の法律がなくて苦労したんだよね。

正確には法律自体はあるんだけど報告すれば人体や環境に悪影響な有害物質を含んでいてもいいという抜け道だらけだったしね。

今もその抜け道を残している分、日本という国も甘いけど、日系企業もかなり甘やかされているよね。

 

電機業界とか自動車業界とかは独自で動いてるのが多いからね。

それでも、こういう事件が起きてるんだよね。

最近は日本のサプライヤーのほうが、甘やかされてきた分有害物質が混じってることの方が多いんだよね。

だから日系企業も今までは自社の子会社とかで生産していたものを辞めて子会社売却して、海外のメガサプライヤーから入手するといったことも進めてるよね。

 

基準を甘くしすぎて、日系企業は3次サプライヤーくらいからは時代遅れになってついていけてないんだよね。

つまり、日本の町工場と海外の底辺工場が同じ舞台で戦うことになってきたわけ。

少し倒産が増えて経済悪化するかもしれないけど、第一次産業とか第二次産業を日本という国で続けるなら規制を強化するしかないと思うんだけどね。

ただ、京都議定書も実は海外に割り当てている削減目標よりも日本の割り当て基準低いんですけどっていう二枚舌なんでこれからもこういう環境とか人体に安全な方向にはいかないだろうね。

日本は物理的に空と海封鎖すれば環境悪くなっても世界から隔離できるしね。