工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

FACITって知ってますか

工場界隈でFACIT(ファシット)という名前をだすと大体こんな機械をみんなが思い浮かべます。

最近はUSBとかネットワークからデータ入出力が基本なんでほぼ使ってるところみませんがね。

 

あの日本のものづくりの中心、黄色い帝国ファナックWindows7が出てもなお、標準でPCカードスロットついてたりとか血迷ったことをやっていて意外に今でも中小から大手の工場でもオフラインのめんどくさい通信でやり取りしてます。

まあ、工場の油がまう環境なのに油に弱くUSBメモリよりもスロットが先に死ぬ上にスロットの交換があほみたいに高いという代物です。

たぶん大抵の工場ではUSBスロットとかPCカードスロットを開けっ放しでの使用は厳禁とか言われたことだと思います。

 

黄色い帝国の反対のオレンジの帝国ヤマザキマザックは経年劣化でかならず機械から油漏れしまくるくせにUSBスロットは油に強いという意味不明なことになってますけど。

 

ファナック富士通から派生した割にはワンマン、同族経営でここまでの地位を確立したため、新しいものには興味を示さなかったのか、マザックシーメンス、森DMGが1歩も2歩も先をいっていたりします。

まあ、ファナックもIoTとかやってますがコンセプトやソフトがそこらの零細ソフトハウスでももっとましなの作るでってレベルでお察しです。

最近中国やインドではファナックは時代遅れだって言ってほかのメーカーのCNCに変えたりしてるのもあるくらいですから。

某社のMC機にファナックじゃなく某日本メーカーのCNC乗ってた時はびっくりしましたよ。

10年前はファナックべた褒めで日本のなんちゃら会の会長とかと懇親会してるわだったのに。

調べたらまだ社長は同じで役員とか組織図みるとまだワンマンっぽいから、時代が変わると中国人の日本に対する見方もこうもかわるんだなと。

 

で、話を戻すとN1068みたいな手動でなんでも設定できるのは結構ありがたかったりします。

昔の機械は昔の担当者がいじくり倒しているので大体オート設定機だと通信不可になったりします。

工場の狭い中でノートPCとつないで通信するのは結構苦痛なのでこういうハンディ機があると便利だったりします。

 

油を使う工場だと本当は紙が最高なんですよね。

必要ならそのままファイルに閉じて機械に置いとけばいいし、汚れたら捨てればいいしで、工場の現場ベースで考えると紙ベースが基本で電子化はまだまだ遠いでしょうね。