工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

ナンバリングゲームのソシャゲが短期間でサービス終了する理由

終わってしまったコンテンツ、ブレスオブファイア6。

大体ナンバリングゲームのソシャゲは短期間でサービス終了するよね。

 

ソシャゲって別にゲームのていをなしてなくてもいいからね。

要は称賛を浴びることができれば何でもいいわけ。

ゲーム会社の人たちは自分たちは偉いんだって自己顕示欲でマネタイズなんて言ってるけどそれはただのいいわけ。

あと、久々復活のナンバリングなんてソシャゲになったところで価値ないからね。

ナンバリングにするなら何年たっても待ち続けてくれるファンがいる例えば、キングダムハーツ4にするとかさ。

まあ、キングダムハーツのソシャゲがそれでもパズドラに勝てないからキングダムハーツのソシャゲをナンバリングで出しても爆死するかもしれないけど。

 

で、大体、ガチャで稼ぐ方式だからパラメータって概念が不要だからね。

ガチャで出るレアリティキャラは強いが原則だからね。

レアリティの高い弱いキャラだけが排出されるソシャゲなんて流行らないし。

たとえば、ドラクエ6のテリーはドランゴ引換券なんて言われたけど、あれは普通のナンバリングゲームだからネタになるのであって、ソシャゲだとみんな「ゴミしか出ねぇ」って言われて話題にすらならないよね。

 

そう考えるとナンバリングタイトルとソシャゲは相性悪いよね。

高級耐久消費財の自動車で考えるとわかりやすいけど、トヨタはアクアごときにクラウンという名前は絶対につけないしね。

あくまでクラウンはクラウンなんだよね。

トヨタのアクアってソシャゲと同じ構造の商品なんだよね。

素のグレードだけだと利益は出ない、いかにオプションをつけてもらえるかってのがアクアの神髄だし。

 

ゲームが売れないとか言って、ナンバリングの価値を落としているのはほかでもないゲーム会社なんだよね。

ディアブロがソシャゲになってブーイングが来たように消費者側はそもそもナンバリング系のソシャゲを求めてない。

そしてゲーム会社は既存IPの名前に頼らないと集客できない内容のソーシャルゲームしか作れない。

既存IPはどこまで行っても思い出補正の世界だからその補正値からずれたらおしまいなんだよね。

ソシャゲはガチャで稼ぐ以外の選択肢がないからそこでつんでしまうんだろうね。