工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

次買う掃除機調べてみた

昨日の記事で掃除機が不調っていったけど、電源コード数か所、とくに本体側の根元部分も死にかけてるっぽい。

もう製造から14年経過してるし部品はないだろうからユニットごと交換はできそうになしいし、電源コード全とっかえだとめんどくさいんだよね。

これ系ってコードリールのゼンマイ分解して、奥の電源コードにアクセスして、それにはんだ付けしてある電源コードを取り換えるなんてのがセオリーだからね。

電装系のコンデンサーも経年劣化してるだろうから、下手に修理に走ってしまうより買い替えたほうがいいね。

 

スティックタイプですら週1しか掃除しないから、キャニスターは買っても無用の長物になりそうだし、今の賃貸メゾネットで階段絨毯だからロボット式は逆にめんどくさがりが発生して寝室以外掃除しなくなりそうだし、とりあえずスティック式で探すことに。

 

まずはパナソニックで見てみると

充電スタンド付きの MC-SBU820Jで69,000円くらい、微妙にでかいハンディタイプになるMC-SBU520Jで38,000円くらい。

どうせ買うなら充電スタンド付きの MC-SBU820Jかなって感じ。

 

次に日立を見てみると

PV-BF700が39,000円くらいで安いけど、今の掃除機と同じような下側が大きい形状で過去の遺物感があってなー、候補に挙がるのは57,000円くらいのPV-BFH900かな。

 

シャープはおすすめ商品だろうRACTIVE Airが機能的に微妙で、36,000円のEC-SX530しかよさげなのがない 。

ただ、RACTIVE Airのデザインは旧来のシャープ的なやつじゃなくていいんだけどね。

鴻海に買収されてデザインは変わったよね。

亀山ブランドの時は日本の家電メーカーで一番デザインが醜悪だったのに。

まあ、会社がやばくなって、部長以上のデザインに対しての横やりが減っただけかもしれないけど。

 

東芝に至っては、43,000円のVC-CL1500よりも13,000円のVC-WL100の方がいろいろと考えられてね。

VC-CL1500はよさげなのはエアーブロー機能だけかな。

やっぱり、美的集団に買収されてコストとクオリティは下がってるなって感じ。

フラグシップ機が壁掛けオンリーなのはいいとして、電源コードを上からさすってコストダウンの常套句なんだよね。

パナソニックとかは下からさすタイプだけど下からだと重量と重力の影響を受けるから何回も抜き差しすると外れやすくなるんだよね、とくにDCタイプはメーカーや機種によって規格が様々だからコストダウンもしやすいし。

逆に言えば安全側で見るとひっかけても下側にプラグの口があると外れやすいから二次被害が起きにくいんだよね。

せめてシャープみたいに電池取り外して充電できる方式だったらまた話は違ったのかもしれないけど。

 

美的集団の家電って昔から電装系は露骨にコストダウンしてたからね。

2006年当時、TCLとか康佳みたいな広東省2番手、3番手企業よりも広東省で一番デカい美的が品質低いってどういうことだよって思ってたよね。

開発は日本でやるって言ってるけど、会長と副社長がすでに美的側の人間だし今後は東芝とドイツのロボットメーカーのKUKAも品質の露骨なコストダウンが始まるんだろうね。

 

で、最後に一番面白いの見つけた。

よりによって三菱電機だった。

59,000円のiNSTICK ZUBAQのHC-JXH30P

風神シリーズみたいにエアーブローとかついてるんだ。

そしてアロンアルファみたいなことやってるし、そこがまたいい。

この動画も面白いけど、圧倒的なデザイン性はいいよね。

どのメーカーも充電スタンドがあっても掃除機という概念から離れられないのにここまで何かのオブジェ的なデザインになるのはすごいよ。

エアーブロー時は側面排気が前面排気になるとか、横に倒すとスティック型で上に引き上げるとハンディクリーナーとかものぐさ人間がきっかけを作れるように配慮されてるし、洗濯機とか全然売れずに撤退したけど、なぜかそう新しい価値観を生み出すというところは三菱電機うまいよね。

 

まあ、昔から三菱電機三菱重工と被らない分野でははっちゃけてたけどさ。

三菱重工と被る部分は忖度なのか圧力なのか無難なものしかないけど。

独自路線行ける炊飯器なんかも16,000円くらいの安い機種でもデザイン性高いしね。

一瞬家電とわからないデザインってのもいいもんだよね。

家電だとわかるとそれだけであれやらなきゃっていう気持ちになってその次に来るのが面倒だなって気持ち。

でも、普段から家電だとわからないデザインだとデザインとして定着するから面倒な作業という価値観が1歩後退するんだよね。

だってオブジェにしても部屋の中でインテリアとして生きていくから

 

とりあえず、今年いっぱいはどれかおうか悩んでるかもね。

まあ、掃除機完全にお亡くなりになったら三菱のHC-JXH30P買いそうだけど。