工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

どのみちMIDIって消え去る運命だったんだね

MIDI音源への著作権料徴収が始まったのが2000年問題で有名なあの年前後くらい?

 

Windows95の時代はまだ、ぎりぎりPC98が残っていた時代でオンボードサウンドボードではMIDIが再生できないものが多く、1,000円~3,000円くらいのシェアウェアのソフトMIDI音源で鳴らすか、別途サウンドボードを購入するかしかなかった。

 

Windows98の時代になってオンボードで標準的にMIDIが再生できるようになった。

 

あの時代はPC持ってない人も着メロ全盛期だったよね。

当時の粗目で圧縮されたMP3で1曲、2~3Mバイトくらい。

スーファミの32メガビットくらいの容量してたし、56Kモデムで10~20分、混雑してれば60分なんて時代だった。

MP3での配布はほぼ不可能な時代。

 

それからYahoo BBのモデム配布事件があってADSL全盛期へ。

MP3が1分程度でダウンロードできる時代になってきた。

そうなるとMP3の天下である。

この時代からモバイル回線も高速化が始まっていき、着メロから着うたという文化になってしまった。

どのみちMIDIって消え去る運命だったんだね。