工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

ソフトバンクは昔から戦略がうまいと思う 2

社会人になってしばらくはソフトバンクから離れてた。

で、次にソフトバンクが世間に認知されたのはホワイトプランだろう。

2007年にホワイトプランが出てきて携帯料金は一気に下がった。

 

当時AUだったけど、2年縛りの途中で解約金を払ってでも、すぐにホワイトプランに移行したくらいだ。

ただ、2010年から2年縛り必須になって潮時だと判断してDocomoへ移動したが、時すでにDocomoでも携帯料金が下がっていた時代だった。

ソフトバンク、とくに孫正義小沢一郎なみに壊し屋なのでそのビックウェーブに乗れればかなりの得ができる。

ただ、ソフトバンクは根こそぎ客をかっさらった後は、改悪になるので潮時を見極めるのが難しい。

 

事実、失敗したなと思ったのは、Mac book airを持っていたことから、ソフトバンクiPhone 3GSにはかなり焼きもちを焼いた。

まさか、2013年のiPhone 5sまでDocomoから出てこないとは思わなかった。

これが日本におけるオーナー社長とサラリーマン社長の覚悟の差だなと感じた。

 

iPhone 5sが出るころにはファーウェイのP7のうわさや、ASUSが謎のスマホ、今のZenfoneだけどそれを出すって噂がインターネットを駆け巡ってたんでiPhoneから興味がなくなってきた時代なんだけどね。