工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

こういうアジアンフードいいよね

これはバングラディッシュの映像なんだけど、中国でも昆明から西は大体こんな感じの屋台フードが多い。

そしてみんな大体地面に座ってる。

 

日本人は中国人と同じ服装して、しゃべらなきゃ昆明までは周りに溶け込めるんだけど、德宏傣族景颇族自治州とかだと周りは大体色は黒いから自分は中国人と間違われるかと思えば、じつは、日本人と中国人と韓国(北朝鮮)人の違いが分かる人が多い。

まあ、ミャンマー系の人多いから雲南省とか中国嫌いって人も多いしね。

屋台のおっさんが厳島神社の鳥居とか奈良の鹿とかスゲー聞いてきたんだよね。

ただ、おっさん北京語で話してくれてるんだけど、訛りがひどすぎて少ししか聞き取れないんだよね。

こっちも外人が話してる北京語で華南地区方言入りまくりだからほぼボディーランゲージになってるの。

大体中国の田舎に行けばそんなの当たり前なんでお互いが俺の言葉は普通だ聞き取れないお前が間違ってるって感じ。

上海の方に出稼ぎに出てた息子ってのがいてその人を通訳として介してやっと成り立った感じ。

その当時の地方だと16歳で出稼ぎにいって21歳でかえってくるってのが普通だったみたいね。

まあ、大都市は家賃が高すぎて出稼ぎとして魅力がないみたい。

2006年のオリンピック前ですら約7,000万人が通勤片道1時間以上(うち3割はアルバイトみたいな感じの人たち)って言われてたからね。

いまなら億超えてるんじゃね。