工場リーマンが独り言を言っているキモい場所

とりあえず適当なことをつぶやいてるん

貧富の差=学力差となる恐れあってもよくね

金持ちの家庭の子は、高い検定試験を何度も受けて、自分にあった検定を見つけて、最高の点数を大学に提出する。一方で、お金のない家庭の受験生などは、本番の受験のチャンスすら奪われかねない。かくして、民間の検定試験を導入することで、貧富の差は拡大し、その貧富の差がそのまま学力差となってしまう。 

 ってあるけど別にそれはいいんでないのって思うけどね。

 

だいたい、うちの会社、外資系で基本的に日本法人の経営陣ですら日本人はいない状況ってバックグラウンドがあるんでそう感じるのかもしれないけど。

グループ全体で見ると基本的に本国の人でも博士号、いわゆるドクターを持っていなければ上に上がるのは茨の道だからね。

むしろそれくらいはっきりしてるほうがいいんじゃない。

どんな評価したって主観は入るんだし。

 

個人的には外資系企業の管理職は全員外国人でいいけどね。

今だって結局金持ちがトップ大学に行く構図は世界中どこ見ても変わらないでしょ。

 

メルケルは一応、博士号、ドクター持ち、だから不満はあってもドイツ人としては一定の評価はできるんだよね。

日本の内閣総理大臣も博士号持ちじゃないとなれないようにすればいいんじゃないの。

 

で、その前に、現代ビジネスの発行元である講談社自体がコネ入社を否定しながら同族経営してるしね。

社長関連はコネ入社しまくりでしょ。

まだ、ホンダのほうが清いと思うけどね。